ピンキーリングとは?

ピンキーリング、願掛けなら左に、お守りなら右に

願掛けなら左手の小指に着けるべし

小指にはもともと、「幸運を招く指」だという言い伝えがあります。そのためピンキーリングを願掛けの意味合いでつける人は多いのですが、その意味合いでつけるのであれば左手の小指につけなくてはいけません。左手の小指は変化やチャンスを示すとされています。

恋愛成就を願う片思い中の人はアメシストやエメラルドといった宝石を使ったピンキーリングを左手の小指につけることをオススメします。アメシストには「ひそかな思いを相手に伝える」力が、エメラルドには「強力な力で恋を実らせる」パワーがあるとされています。またピンクトルマリン、ダイヤモンドも恋愛に強い石だとされています。ですので「まだ特定の相手はいないけれども素敵な恋愛をしたい」という方は、このような石をあしらったピンキーリングを左手の小指につけると良いでしょう。

右手の小指に着けるとお守りになる

ピンキーリングを右手の小指につけるとどのような意味になるのでしょうか?右手の小指は、「現在の自分」を表すとされています。そのためなりたい自分の姿を示すようなリングをつけると、周りの人からそのような評価を得ることができます。表現力を豊かにする効果もあり、仕事でのプレゼンテーションの場、習い事を発表するような場においても、自分を強くアピールすることができます。お守りのような効果も期待することができるため、自分の誕生石を使ったピンキーリングは右手にするほうがベストです。

カップルで着けると浮気防止にも

最近は男性用のものも多く出回っているため、ペアでつけるカップルも増えてきています。結婚など共通の目的を持っているのであれば、お互いに願いを込めたピンキーリングを、ぜひ左手の小指につけてみてください。ピンキーリングと2人の愛の力が絆を深め、夢や目標にもグッと近づけてくれます。

またピンキーリングには「良くない異性を遠ざける」という意味もあるとされています。そのためお互いの一途な思いを邪魔するような存在を排除する効果も期待できます。