ピンキーリングとは?

小さいからこそサイズ選びは慎重に!

標準は1〜5号で1ミリメートルずつ違う

リングのサイズは1号、2号、3号というように、号数で表示されます。ピンキーリングとして用いられるのは1号から5号が標準とされ、1ミリメートルずつ違います。1号は指の周りの長さが41.0ミリメートル、2号は42.0ミリメートル、3号は43.0ミリメート、4号は44.0ミリメートル、5号は45.0ミリメートルなっています。ただしブランドやメーカー、リング工房によって違う場合があるので、その都度、確認することをおすすめします。

1号でも大きく、ピンキーリングを着けることをあきらめている人、ゆるいピンキーリングをガマンして着けている人も多くいます。このように指が細い人用に0号やマイナス号のサイズも展開しているのがピンキーリング専門店です。ピンキーリング専門店は主にインターネットでの販売を中心にしており、0号、−1号、−2号、−3号、−4号、−5号といったピンキーリングを販売しています。

幅広のものは大きめサイズがちょうど良い

ピンキーリングはリングの中ではもっとも小さいので、少しの違いでも着用には大きな影響を与えます。指に対してサイズが小さいときつく、指の関節が曲がらなくなってしまうことがあります。反対に大きいものだと抜けやすく、紛失してしまう恐れがあります。そのため、サイズを選ぶさいにはとくに慎重になることが必要です。

ピンキーリングを取り扱っている販売店のなかには、0.5号刻み、あるいは0.25号刻みに直してもらえるサービスをしているところがあります。普通に販売されているピンキーリングでは合うものが見つからないという場合には、このようなサービスを利用すると良いでしょう。自分にジャストフィットするピンキーリングに出会うことができます。

幅の狭いピンキーリングはちょうど良いサイズのものを選べば問題ないのですが、幅の広いデザインのピンキーリングでは大きめのサイズのものを選ぶことも重要です。デザインにも注意して、心地よく付けていることができるピンキーリングを選んでください。